原付で人身事故を起こした場合、当然ながら被害者の方に補償しなければなりません。
相手が死亡したり、重度の後遺症が残っているような場合は非常に高額になり
自賠責だけでは補償しきれない1千万円以上の金額になることもあります。
軽い怪我で全治2週間や1か月程度の加療であれば、数十万が妥当な金額で
自賠責でも十分に補償できるでしょう。

ちなみに入通院慰謝料のベース計算式は実治療日数×2または治療期間の
どちらか少ないほうの日数×4200円です。
怪我をした相手の年齢や状態によっても補償額は大きく変わってくるので、
一概には言えませんが自賠責に入っているから安心と思わないほうがいいです。
原付でも30キロは出ますので、それで人身事故になれば相手が死亡することもあります。
事故の発生に備えて、必ず任意保険に加入しておきましょう。