中古の原付は新車で購入するよりも安い値段で買えます。
そこで心配なのがすぐ壊れてしまうんじゃないかということですが、
新車の値段に近ければ近いほど故障リスクは低くなります。
逆に安ければ安いほど購入後の故障リスクは高くなります。
購入後の修理を前提として安い中古を買うか、
少し高くても修理リスクを減らすかの選択になります。

また、安い原付には理由が必ずありますので、
購入時にショップでしっかりと確認したほうがいいでしょう。
発売から時間が経っている場合は経年劣化により
購入時は普通に動いていてもある日突然動かなくなることもあります。

結論から言うと、新車に比べると中古は故障リスクが高くなるのは
避けられませんが、整備状況などによっては長く乗ることも出来ます。