雑感・その他 一覧

バイクを買いたいけど、予算の都合上で
どうしても新車を購入できないので中古車を買う。
ほしいバイクがすでに中古車でしか出回っていない。
色々な理由で中古車を買うと思いますが
きちんとチェックせずに購入すると、大損してしまうだけではなく
思わぬ事故につながってしまうこともあります。

まず、絶対避けたいのが事故車です。
自分でバイクの良し悪しが判断出来る人プロであれば別ですが
一般ユーザーの場合は事故車は絶対に避けるべきです。

・ハンドルストッパーに傷はないか?
 溶接跡や塗装跡はないか?
・ハンドルはねじれていないか?
・フレームはゆがんでいないか?
 目で見て手で触って、シワ、凹み、光沢の差、塗装のヒビなど
 購入前に納得行くまで徹底的にチェックしましょう。
・ハンドル、レバー、ペダル、サスペンションなど
 すべてきちんと動くか、異音はないか?
・オイル漏れはしていないか?

すべて細かくチェックしてから購入するようにしましょう。
プラグは燃料を爆発させるために点火する役割がありますが、
キャブレターの性能や操作方法次第でガソリンを多く流し込んでしまうことがあり、
そのせいでプラグに燃焼していないガソリンが付着すると、
濡れているのと同じ状態になるので点火することができなくなります。

これをプラグがかぶると言います。
プラグが被ると走行中でもエンストしますし、次にエンジンをかける時に
中々かからない等の問題に発展します。
走行中であれば、すぐにエンジンを掛け直すことができますが
アイドリング状態では完全にエンストしてしまい始動に時間が掛かるのです。

最近のバイクは電子制御されているものが多いので、そのような問題は
滅多に起こることはありませんが、可能性はゼロではありません。
バイクの中にはエンジンを切る時に一度空吹かしした方が良いものがあります。
どうしてエンジンを空吹かしするかというと、燃料噴射装置というものがあって
それがキャブレターになってるバイクの場合は、キャブの内部に僅かですが
燃料が残った状態になり、次始動する際にエンジンが掛かりにくくなります。

それを防ぐためにキャブ内の残存燃料を無くすのが空吹かしの目的です。
現在のバイクでは電子制御で行っているので残存燃料などの問題はないので、
空吹かしする必要はありません。
にも関わらず今のバイクでも空吹かししてからエンジンを切る人がいます。
昔のバイクに乗っているのか?と思ってみるとそうではないので、
意味が分からずやってるんだなって思ってしまいます。
フルフェイスタイプなど締め付けが強いタイプのヘルメットを
かつらをつけたまま使用するときには注意が必要です。
脱ぐときに取れてしまう可能性があるからです。

フルフェイスタイプを利用するときには、かつらがとれないように
そっと慎重に脱ぐ必要があります。
またかつらを着用するときにも念入りにピンで固定しておくと安心ですね。

ただ長時間ヘルメットをかぶるとかつらにダメージを与えてしまいます。
頭皮が蒸れ衛生度が低下しますし、人口毛に変な癖がついてしまい
それが治らなくなる可能性があるからです。

短時間であれば問題はないので
固定をしっかり、脱ぐときに慎重に!を守れば大丈夫ではないでしょうか。
かつらをつけたままヘルメットをかぶっても大丈夫なのか?
という質問に対する答えは「かぶれる」です。

ただ、いくつか問題点もあります。
まず全かつらのように頭部全体を覆ってしまうようなタイプのかつらの場合
ヘルメットを外すときに一緒に外れてしまう可能性があります。
しっかり固定しなければいけませんし、注意してヘルメットを脱ぐ必要があります。

当然ですがヘルメットをかぶるとかつらもぺしゃんこにつぶれてしまいます。
ヘルメットを脱いだら髪の毛を手ぐしで整えるなどケアが必要になります。
かっちり固めたかつらの場合にはヘルメットをかぶるのは難しいですね。

また長時間ヘルメットをかぶるのは難しいです。
ヘルメット自体も蒸れやすいものですし、かつらも蒸れやすいものだからです。
まず髪型ですが、邪魔にならないというのが鉄則です。
オシャレをしたい気持ちも分かりますが、バイクに乗る上で
最も大事なのは安全です。

長い髪の毛をそのままにヘルメットを被れば風で暴れまわります。
それがどこかに引っかかったりすればバランスを崩す原因になりますし
周囲のドライバーやバイク乗りからしても視界にチラチラ入って迷惑になります。

ヘルメットにしまいやすいショート、セミロング~ロングなら
後ろでひとまとめにしてジャケットの中に入れてしまうのがいいですね。

メイクはポイントメイクにするのが良いでしょう。
ファンデーションを塗ると、頬の部分がヘルメットに付着して剥げますし
ヘルメットを汚し雑菌を繁殖させてしまいます。
ヘルメットを外したあとの化粧崩れも気になります。

素肌に軽くチーク。
これだけで血色がよくなります。
眉毛とアイメイクをナチュラルに...。
肌をメイクしていないのに、ばっちり濃くすると浮くので
少し薄いかな、くらいにすると丁度良いでしょう。
化粧をしたい場合は、目的地に着いて、バイクを降りてからですね。
バイク好きの女性も徐々に増えているのですが
女性ライダーが特に困るのが髪型と化粧です。

どんなに可愛くセットしても、可愛い髪型にしても
ヘルメットを被れば一発でダメになります。

映画などではヘルメットをさっと取ったら
中からハラリ、サラサラっと黒髪ロングの艶やかな髪がなびく...
軽く首を振ったら髪の毛がキラキラ~★

なんていうのはまず無理です。
長い髪の毛をおろしたまま走行すれば排気ガスにまみれますし
何より暴れまわって危険ですし、邪魔になります。

また化粧も崩れます。
特にフルフェイスヘルメットを被った時のUゾーンとTゾーンの
化粧崩れには酷いものがあります。
男性と違ってノーメイクで外出というわけにもいかないので苦労します。
バイクの教習で多くの人が躓いてしまうのが坂道発進です。
頭では分かっていても、左右の手が別の動きをするので
慣れないうちはエンストして後退してしまいます。
要は慣れの問題ですが、教習所ではそうも言ってられません。

坂道発進で何より大事なのは半クラを体で覚えることです。
坂道発進するときはギアはローに入っていることが前提です、
慌ててセカンドに入ってるなんてことにならないようにしましょう。

ブレーキペダルをしっかりと踏んで車体を固定します。
アクセルを徐々に上げて行き回転数が高い状態でクラッチを切り出します。
後輪がずしっと沈み込むような感覚が出るところがポイントで、
そこでブレーキを解除します。

クラッチをゆっくりと離すと徐々にバイクが前に進んでいくので
アクセルをしっかりと明けてクラッチを繋いでください。
バイクの教習で難関なのが一本橋です。
大型は10秒、それ以外は7秒かけて一本橋を渡る教習ですが、
慣れるまでは落ちてしまいます。
ただ、コツを覚えれば簡単にクリアできますので参考にしてください。
前提として、前輪ブレーキとシフトチェンジはせず、ギアはローです。

・目線
一本橋に侵入するときは橋の一番手前を見ましょう。
躊躇せずに橋に乗り入れます、後輪が橋に乗り切ったところで
目線を一本橋の終点に変えます。
前輪付近を見たりしてはいけません、橋の終点を凝視してください。

・半クラ
目線を終点に固定したら半クラにします。
完全な半クラではなく7割ぐらい繋いだ状態がイイでしょう。
乗り切ったところから最後まで半クラでいきます。

・スピードが出たら後輪ブレーキ
後輪ブレーキを強めに踏み込みます、そうすると車体を引きずるような
感じでゆっくりと前に進みますし、車体が安定します。

あとはハンドルを小刻みに左右に動かしながら進めば、クリアできるでしょう。
バイクの燃費を良くする走り方は何よりもエンジンの回転数を
上げ過ぎないことです。
スピードを出すことが燃費を悪くするのではなく、
急ブレーキ、急発進を繰り返すと燃費はどんどん悪くなります。

一定のエンジン回転数で速度を維持するか、もしくはブレーキの回数を
減らすような走り方をしてみてください。
エンジンブレーキを利用することでアクセルを使い過ぎずに、
走行することが出来ます。

車の場合はアイドリングストップで燃費改善もできることがありますが、
バイクの場合はアイドリングストップするとエンジンを掛け直すことで
燃費が悪くなることがありますので避けた方が良いでしょう。
他にはタイヤの空気圧をこまめにチェックし維持したり、
燃料を満タンにしないなどの方法があります。

このページの上部へ

サイト内検索