50cc原付と大型自動二輪のどっちが危険だと思いますか?
大型自動二輪の方が車体が大きくて、スピードも出るから転倒したときに
ダメージが大きくて危険だと考えるかもしれません。

問題はスピードが出ることや車体が大きくて重いことではありません。
車道はバイクだけが走ってるわけではなく、大半は車が走行していますから
車との関係も考慮に入れなければなりません。

原付の速度制限は30キロですから、車と同じように流れに乗ることができません。
車体が小さいので車の死角に入りやすく、巻き込まれ事故が起こりやすいです。
また、原付を運転している人の中には、教習所で訓練を受けずに運転している人が多いのです。
それは普通運転免許で乗ることができるからです。

教習所での危険予測や緊急回避などの訓練を受けないままで、原付を
運転できてしまうことからも原付の方が危険だと言えます。


流れに乗れない事、埋没してしまう事が危険


速度制限30キロでは60キロ制限の車道の流れに乗って運転することができません。
逆に大型自動二輪になると、車と同じ制限速度になるため流れに乗れますし
車からの視認も容易にできる大きさです。

原付でも60キロの速度を出すことは物理的には可能です。
道路交通法上、許可されていませんが出そうと思えばスピードは出せます。
危険なのはスピードを出して流れに乗ったとしても、流れの中で埋没してしまうことです。

また、安定性という面でも大型自動二輪のほうが安定しています。
原付のタイヤを見ると、自転車のタイヤを少し太くしたレベルでしかなく
雨の日などは簡単にスリップしてしまいます。
逆に大型自動二輪のタイヤは車のタイヤと同じように、太くなっていますから
原付と大型自動二輪とでは、圧倒的に原付の方が危険と言えるでしょう。