雑感・その他 一覧

50cc原付と大型自動二輪のどっちが危険だと思いますか?
大型自動二輪の方が車体が大きくて、スピードも出るから転倒したときに
ダメージが大きくて危険だと考えるかもしれません。

問題はスピードが出ることや車体が大きくて重いことではありません。
車道はバイクだけが走ってるわけではなく、大半は車が走行していますから
車との関係も考慮に入れなければなりません。

原付の速度制限は30キロですから、車と同じように流れに乗ることができません。
車体が小さいので車の死角に入りやすく、巻き込まれ事故が起こりやすいです。
また、原付を運転している人の中には、教習所で訓練を受けずに運転している人が多いのです。
それは普通運転免許で乗ることができるからです。

教習所での危険予測や緊急回避などの訓練を受けないままで、原付を
運転できてしまうことからも原付の方が危険だと言えます。


流れに乗れない事、埋没してしまう事が危険


速度制限30キロでは60キロ制限の車道の流れに乗って運転することができません。
逆に大型自動二輪になると、車と同じ制限速度になるため流れに乗れますし
車からの視認も容易にできる大きさです。

原付でも60キロの速度を出すことは物理的には可能です。
道路交通法上、許可されていませんが出そうと思えばスピードは出せます。
危険なのはスピードを出して流れに乗ったとしても、流れの中で埋没してしまうことです。

また、安定性という面でも大型自動二輪のほうが安定しています。
原付のタイヤを見ると、自転車のタイヤを少し太くしたレベルでしかなく
雨の日などは簡単にスリップしてしまいます。
逆に大型自動二輪のタイヤは車のタイヤと同じように、太くなっていますから
原付と大型自動二輪とでは、圧倒的に原付の方が危険と言えるでしょう。
車を煽ってくる原付をたまに見かけることがあります。
スピードも30キロ以上出ているのに後ろにピッタリと付いて、
早く行けと言わんばかりに煽ってきます。

原付なら左側から普通に抜くこともできますし、
そもそも法定制限速度を超えてしまっているので、
何がしたいのかよくわかりません
制限速度内であっても煽ったらその段階でアウトなのですが、
何を考えてるのかさっぱり分かりません。

そもそも煽ったところで何も変わらないのに、
どうして煽るのか理解に苦しみます。
たまに視界から消えた思ったら、また現れてピッタリ付いてくる
本当に危ないし下手に急ブレーキでも踏もうものなら、
相手を巻き込んでしまうリスクが出てしまいます。


アオられた時の対処法


原付だけでなく車を含めて煽られた場合の対処法を知っておきましょう。
まず、余りにも執拗な煽りで事故に繋がりかねないと思った場合は、
相手のナンバーを控えた上で路肩に止めて警察に連絡しましょう。

そこまでのしつこさがないけど煽られているなと感じる場合は、
追い越し車線であれば走行車線に車線変更したり、
交差点があれば右左折して先に行かせましょう。

高速道路の場合は、サービスエリアやパーキングがあれば
迷わずに入りましょう。
煽られたからといって、速度を上げたり煽り返したりすれば
事故を含めてトラブルになりかねません。

煽ってくる相手には常識が通用しないと思って、相手をしないことが
何よりも大事です。
無視して先に行かせることを意識して対処しましょう。
バイクに乗っていると、それだけで他のバイク乗りとの
連帯感、仲間意識のようなものが生まれます。
車の運転ではまずありえないことですが、バイクに乗ると
生まれる不思議とも言えるでしょう。

言い換えれば登山で出会った人と気軽に挨拶したり、
会話が弾むのと同じ原理かもしれません。
バイクに乗っているという状況が生み出す特殊な感覚です。

普段から積極的にコミュニケーションをとらない人でも、
バイクに乗ると自然に会話していることが多いのです。
道の駅、高速のパーキングエリア、観光スポットなどで
同じバイク乗りを見つけると自然と会話してしまいますし、
バイク同士がすれ違う時でもピースサインなどで挨拶します。
すごい不思議な感覚ですが、無意識で行っているのです。


知らない人でも仲間になった気分になる


これはバイクに乗っているという状況が生み出すものですが、
知らない人でもライダーという大きなくくりで仲間になった気分になります。
実際、バイクの乗っていない時にこんなことは起こり得ません。

電車に乗っている時に横の人にいきなり声をかけて世間話が始まるなど、
あり得ない事なのはわかるでしょう。
もしそんなことがあれば、変な目で見られるのがオチです。

登山、釣り、バイクなど趣味に近い行動をしている時に人は
自分と同じ人を見た時に仲間という意識が強く働くようで、
相手に親近感や連帯感を持つようになるわけです。

車を運転していてもこのようなことにならないのは、
車というものが生活の一部になっていることが挙げられます。
そのため、ドライブしているのか単に移動手段として車を使っているのか
それがはっきりしないので連帯感や親近感は生まれないのです。
バイクとはそういう意味でも特殊な環境下にあると言えるでしょう。
オバチャンが乗ってる原付は色んな意味で危険がいっぱいです。
まず道路の真ん中を堂々と走っているオバチャン原付、
後ろから車に乗っているとフラフラと走っているように見えて
ぶつかるんじゃないかと不安になります。

そもそも原付は道路の真ん中を走るものではありません。
できるだけ左側に寄って走行するのが正しい乗り方です。
理由は車と原付では法定制限速度に違いがあり車の方が、
制限速度は高くなるからです。

しかも後ろからみているとフラフラと安定しない走り方を
しているのを見ると本当に危なっかしいですよね。
本人は何食わぬ顔して原付を運転していますけど、周りから見れば
もう少しちゃんと運転して欲しいと思ってしまいます。


そんなオバチャンの原付はサイドミラーが信じられない方向を向いている

オバチャンの運転する原付をよく見ると、信じられないことはまだまだあります。
例えば、サイドミラーがあらぬ方向を向いていて全く機能していないことです。
原付に乗っていると後ろを頻繁に確認するのですが、あらぬ方向を向いている
ということは後ろを確認せずに運転していることになります。

正直、後ろを確認せずに運転するなど自殺行為に近いことです。
自転車のような運転の仕方が通用するわけはありません。
普通に車と並走しますから、サイドミラーで後ろが確認できないと
すぐそばまで車が来ていることに気が付かないこともあるでしょう。

最近では電気自動車やハイブリッド車が増えていますから、
エンジン音の静かな車もあります。
そうなると車が来ていることに気が付かずに道路の左端から真ん中に
移動してきたら車と接触することも考えられるのです。
サイドミラーが変な方向を向いている原付からは、速攻で離れるのが吉です。
原付に乗っているときはできるだけ車道の左によって運転しますが、
たまに大きなダンプカーが後ろについてくることがあります。
普通に運転していてもダンプカーの大きさはプレッシャーになるので、
できれば離れて運転したいところですが、前の車が詰まっていたり
追い抜けない場合などでダンプが後ろにビタ付けされたときの
恐怖感はハンパないです。

ダンプの運転手は目線が高くなりますから、原付の後ろについても
間隔があるのがわかるのですが、原付からすればめちゃめちゃ近くまで来て
煽られているような感じになり恐怖感を覚えるのです。

これは運転している時もそうですし、信号待ちをしている時でも
ダンプや大型車が後ろにビタ付けされると恐怖感を感じてしまいます。
できれば後ろに付かれたくないので、適当な信号で左折したりして
やり過ごしている原付乗りもいると思います。
原付に限らず、バイク全般で言えることかもしれません。
原付に乗っていて最も強く優越感を感じるのは、
大き目の国道などを走っている時に、渋滞をごぼう抜きにする時です。
高速を原付は走ることができませんが、渋滞は高速だけでなく
一般道でも発生しますので、原付であれば車の横をすいすいと
すり抜けることができるので渋滞など関係なし!

この時の爽快感や優越感はものすごいです。
人が渋滞にはまっているのに、自分は関係なしにどんどん抜いて行くわけです。
普段は、原付のほうが速度的には遅いので抜かれる立場ですが
渋滞時だけは立場が完全に逆転です。

わざわざ渋滞しているところを走っているわけではありませんが、
渋滞しているのを見つけるとごぼう抜きにしないわけにはいきません!
あの優越感を一度味わってしまうとやめられませんよ。
信号で停止しているときに、車が幅寄せして通行できなくしてくるのは
ある程度理由があると推測できます。
左折をするために巻き込み事故を防ぐため、というものです。
これは教習所で指導される方法です。
バイクが左後ろから来ているとドライバーの視界に入らないこともあり
とても危険なので、そもそも横に入れないスペースを作るのは
安全対策の一つです。
どうしても前に出たいなら右側から前に出ましょう。

もう一つの理由が、追い越すのが嫌だからという点です。
原付バイクは車に比べてスピードが出せない乗り物です。
原付が左をすり抜けて前に行ったとしても
信号が変わったら原付を追い越さなければいけず
その際に事故に合う確率が高くなってしまいます。
特に運転技術に自信がない人の場合、追い越したくなから
幅寄せで邪魔をしておくという考え方になるようです。
車にとって原付は邪魔者でしかないことを覚えておきましょう。
原付で車と並走しているときに、わざと幅寄せする車いますよね。
追い越して行く時に、ものすごいギリギリを通っていく車とか。
とても危険だし、凄く怖いです。

原付が速度を守って走っているのだから
さっさと追い越していけばいいのに、わざわざ速度を下ろして
ギリギリまで幅寄せしての走行...一体何を考えているのでしょうか?

基本的にわざと幅寄せして走行してくる車は
嫌がらせの可能性が高いです。
どうしても車で走行していると横に原付がいるというのは
迷惑に感じてしまうからです。
とはいえ、危険な行為ですし、スピードを落として先に行くのを待って
こちらが賢く回避するしかありません。

無理にスピードを上げて前に出ようとすれば
相手もスピードを上げてくるだけなので危険が増してしまいます。
若者のバイク離れが叫ばれて久しいですね。
ただ、若者がバイクから離れてしまったわけではないのです。
そもそも現代の若者は元々バイクに近づいていません。

バイクが好きな若者が中年になり
今の若者が近づいてこない、つまり新規獲得数が減っているというのが
バイク業界の現状と言えるでしょう。

そして中年層も体力の衰えや子育てといったことから
バイクから離れる人口が増えており
新規獲得と中年層のバイク離れと言うことができるかもしれません。

ただバイクの排気量が多くなればなるほど販売台数が減っていないのです。
バイクを趣味として楽しむ層は一定しており
バイクを通勤・通学手段として選ぶ層が減っているのでしょう。
これには手軽で免許も不要な電動自転車の普及が関係しているのではないでしょうか?
Honda CBR250RRが2017年5月12日に発売になります。
新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを
搭載しており、「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで
初めて採用しています。

価格は驚きの80万円!
一番安いマットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリックでも
本体価格が70万円で税込みで75万円以上になり
一番高い CBR250RR<ABS> (ヴィクトリーレッド)では
税込みの値段が約83万円になります。

もちろん値段は非常に高いバイクになるのですが
それだけこだわりを持って作られたバイク好きのための車体といえますね。
車体もスタイリングも非常に素晴らしく、高品質な仕上がりです。
走行性、見た目、性能どれをとっても満足できる1台と言えるでしょう。

このページの上部へ

サイト内検索