40代、50代の中高年ライダーが増えています。
子育てもひと段落して、ようやく自分の趣味に時間とお金を使えると
バイクにリターンする人が増えているからです。

しかし、同時に増えているのが中高年ライダーの死亡事故です。
10年前の2倍に増えているのです。

ライダーが増えるのはバイク乗りとしては
嬉しい話なのですが、事故が増えているのはいただけません。
バイク自体が危険な乗り物だと思われてしまいますし
せっかくバイクに乗るなら安全に乗りたいですよね。

特に問題になっているのが体力の低下です。
若いころには遠出も余裕だったかもしれませんが
体力が低下した中高年には無謀な計画、ということがあります。
体力が低下すれば、集中力が切れるので居眠り運転やわき見運転などが誘発されます。
とっさの判断も鈍ります。
自分の体力を考えて、休憩を多めに取り、無理のない計画で
バイクに乗るようにしないといけませんね。