バイクニュース 一覧

オートバイの排ガス規制が段階的に強化されてきましたが、
具体的に何が規制されているのか余り知られていません。
乗っている人からすれば関係ないと思われがちですが、メーカーが
新製品を開発するのに非常に苦労するほどに何が規制されているのかは、
利用者としても知っておくべき事でしょう。
では、何がどう規制されているのか見てみましょう。

平成28年の排ガス規制では以下のようになりました。
(1キロメートル走行時に排出する排出グラム数)

・原付
 一酸化炭素:2.2→1.14
 炭化水素:0.45→0.30
 窒素酸化物:0.16→0.07

・小型二輪
 一酸化炭素:2.62→1.14
 炭化水素:0.27→0.20
 窒素酸化物:0.21→0.07

・大型二輪
 一酸化炭素:2.62→1.14
 炭化水素:0.27→0.17
 窒素酸化物:0.21→0.09


欧州の規制強化に追随する形での法令強化


これらの規制は欧州の内容に追随する形で行われており、
日本が独自に定めた物ではない点がポイントです。
つまり世界的な流れに合わせて規制強化が行われているため、
日本の道路事情や利用者の状態などを考慮していない点が問題です。

そのためメーカーとしては今までも最大限の努力をしてきたけれども、
それを上回る規制になっていることから苦労しています。
何でも規制すればいいという風潮になっているところが、
二輪製造メーカーにとっては納得できない点でしょう。

利用者側としては発売される機種が減ってしまう懸念もありますし、
その対応の分だけ値段が高くなってしまいますから、
どうしても新車市場よりは中古市場にながれやすくなってしまいます。
原付バイクは段階的に排ガス規制が行われてきており、
2020年には最終段階レベルの規制強化が行われる予定となっています。
それに向けて各メーカーも対応を迫られているわけですが、
あまりにも排ガス規制が厳し過ぎてお手上げ状態です。

あるメーカーは20万円以上の価格にしないと、排ガス規制に
対応していくことができないと言っているほどです。
2020年には新車として売られるバイクの中から原付は消滅するかもしれません。

中古で販売している原付については今のところ規制の対象外なので、
中古原付が無くなる心配はいらなさそうです。
しかし中古についても、いつ規制が強化されるか分かりませんから
油断はできませんし、新車の規制が厳しいことにかわりはないのです。

何でも規制すればいいってもんじゃない、メーカーは大変


それにしても何でも規制すればいいってもんじゃないですよね。
どうして原付だけこんなに規制の対象になってしまうのでしょうか、
規制しやすいところから排ガス規制をして欧米にアピールしてるとしか思えません。

二酸化炭素の排出抑制目標とオリンピックという二つの課題に対して、
原付が狙い撃ちされているのではないでしょうか。
バイクメーカーは対応に追われていて本当に大変だと思います。

排ガス規制をクリアしないと原付を売ることができなくなってしまいますし、
だからといって開発を断念するというのも厳しい選択となります。
いったい国土交通省は原付をどういう方向に持っていきたいのでしょうか、
利用者やメーカーのことを少しは考えてほしいものですね。
ホンダから発売されているモンキー50周年スペシャルですが、
どのあたりがスペシャルなのか?というと、まずデザインが初代モンキーの
Z50Mをモチーフにして作られています。
50周年スペシャルというぐらいですから、新たな試みもされているかな?
と思う人もいるでしょう。
では、どのあたりがスペシャルなのか調べてみました。

まず、デザインが初代Z50Mをモチーフにしていることが1点。
次に燃料タンク側面に復刻デザインのバッチを装着、
上面には記念ステッカーが配置されています。
他にもシートは初代と同じくチェック柄になっていて、シート後部に
これまた50周年記念ロゴが配置されています。

サイドカバー、メインキーなどにも50周年記念エンブレムとマークを
施すなど見た目に50周年のスペシャルであることを印象付ける形になっています。
ホンダモンキーは50ccの原付バイクの生産を50周年となる今年2017年8月
をもって生産終了と発表されました。
理由は今年から排気ガス規制が強化されることにより、その基準をクリアすることが
技術的、コスト的に非常に困難になったためとしています。

また今年の基準を仮にクリアできたとしても2021年には更なる規制があり、
それを超えていくのは想像がつかず限界があるともホンダ社長は言ってます。
50年という節目ということもあって、50周年スペシャルを持って終了としたようです。

ファンにとっては非常に残念なことですが、内燃機関を主体とした原付については
規制強化への適応は限界があるという事でしょう。
環境への配慮は当然必要なことですが、技術が追いつかないほどの規制が
果たして本当に必要な事なのか疑問に感じてしまう出来事と言えます。
バイクや原付きを7万円で売ったとします。
お店がそのバイクを14万円で売ったら、7万円を丸儲けしてる。
そんなふうに思っている方が多いようです。

でも、そうじゃないんですね。
実際、お店が得ている利益というのはもっと少ないのです。
まず書類の手続き、点検、修理、洗車など様々な手入れをしてから
お店はそのバイクを再販することになるんです。
当然、諸手続きに必要は費用や、人件費(工賃・手間賃)が発生します。

また再販するときについている「メーカー補償付き認定中古車」というのは
ショップ側がメーカーに保証料を支払っているからなんです。
つまり7万円で買い取ったバイクを14万円で売っても
お店の利益としてはほんの少しだけ。

この原付きは他のお店では14万で売ってたんだから
14万円で買い取ってよ!というのは無理な話なんですね。
未成年でも原付を購入することはできます。
ただし住民票が必要であることと、親の承諾が必要になります。
親の承諾が無ければ原付は現金でもローンでも購入できません。
そもそも未成年だとローンを組むことが出来ません。

親の承諾というのは承諾書を持参すれば承認となることもありますが、
一番いいのはバイクショップから自宅に電話してもらい、
そこで親の承諾を得るという方法が簡単で早くできます。
親と一緒に購入に行くのが何の問題もなく手に入れることが出来ます。

自分で承諾書を作成して購入し、親が後から承諾していないことを
ショップに通知すればショップ側は解約することになりますので
必ず親の承諾を得た上で購入するようにしましょう。
原付は15歳以上であれば免許を取得することが出来ますので、
乗ることは可能になります。
また、原付の維持費はそれ程高いものではありません。
主な維持費はガソリン代になりますが、燃費は車と比較すると
かなり高くなりますし一度に給油できる量はそれ程多くありませんので
1回の給油で数百円を負担するだけになります。

年に1度だけ税金を払うことになりますが、これも2000円なので
高校生のバイト代だけで十分に維持できます。
車両の維持で一番大きな負担となるのが車検代ですが、原付には
車検が必要ありませんので問題になることはないでしょう。
あとは自賠責保険の加入ですが、これもバイト代で十分まかなうことが出来ます。
原付はそれぐらい気軽に乗ることが出来るのです。
原付を運転している最中は、当然ですが前方だけではなく、後方も確認しておく必要があります。
後続車はいないか、いるならどんな車か、適度に確認しながら走行しなければいけません。

といっても、後ろを振り向くわけにはいきません。
そんなことをすれば、体制が崩れて事故を起こしてしまうからです。

原付の走行中に後方を確認する際にはサイドミラーを利用します。
そのままだと真後ろの車を確認するのが難しいことがあるので
心持からだをずらしてやると真後ろの車を確認することができます。

見えにくい場合には、角度を調節してみてください。
自分にとっての適正というのがあります。
どうしても見えにくい場合にはミラーを付け替えるのも良い手ですね。
また袖に膨らみのある服はミラーの視界を妨げるので
バイクに乗る時には着用しない方が良いでしょう。
原付を購入する際に必ず加入するのが自賠責保険です。
これに加入しなければ原付を運転することはできません、
気になる金額ですが年額で以下の通りとなります。
1年:7280円
2年:9870円
3年:12410円
4年:14890円
5年:17330円

このように1年で加入するよりも複数年で加入したほうがお得です。
1年単位で加入したとして2年連続で契約した場合、4年分まとめての
保険料とほぼ同じ金額になるからです。

なお、補償内容は以下の通りです。
死亡時:3000万円
後遺障害:最高4000万円
ケガによる傷害:最高120万円

自賠責は必須の保健ですが、事故の内容によっては自賠責では
支払いきれないケースもありますので必ず任意保険に加入しましょう。
事故は自分が起こさなくても、相手からぶつかってくることもあるのです。
40代、50代の中高年ライダーが増えています。
子育てもひと段落して、ようやく自分の趣味に時間とお金を使えると
バイクにリターンする人が増えているからです。

しかし、同時に増えているのが中高年ライダーの死亡事故です。
10年前の2倍に増えているのです。

ライダーが増えるのはバイク乗りとしては
嬉しい話なのですが、事故が増えているのはいただけません。
バイク自体が危険な乗り物だと思われてしまいますし
せっかくバイクに乗るなら安全に乗りたいですよね。

特に問題になっているのが体力の低下です。
若いころには遠出も余裕だったかもしれませんが
体力が低下した中高年には無謀な計画、ということがあります。
体力が低下すれば、集中力が切れるので居眠り運転やわき見運転などが誘発されます。
とっさの判断も鈍ります。
自分の体力を考えて、休憩を多めに取り、無理のない計画で
バイクに乗るようにしないといけませんね。

このページの上部へ

サイト内検索