[ JTC ] JTC-7161 JTC ストリート Vスペック タンクバッグ

[商品詳細]
●色はブラック,レッド,ネイビーの3種類
●こんなに小さいのに強力なマグネットさらにセーフティーベルトもついていて、さらに しっかり固定出来ます
●レインカバーも付いて、不意の雨でも安心、カバーをしても地図はちゃんと見えるようになっています
●便利なコインケースはもちろん装備
●金属以外でタンクバッグが付かない車両でもセーフティーベルトでしっかり固定

[ツーリングで使った感想]

私も若い頃は、通学通勤と随分お世話になった便利なタンクバックでしたがタンクがポリタンクでカーボンカウルでカバーされているSB6やアルミタンクのOWー01に乗り出してからは、多少の不便さを感じながらもウエストバックやディバックなどの体に着ける類いの荷物運搬方法しか選択の余地が有りませんでした。

このタンクバックもマグネット4個で装着するタイプなのですが、サイドにゴムのセーフティーベルトが付いていて、これのフックをガソリンタンクの下方のへりやフレームなどに引っ掛けると、鉄素材ではないガソリンタンクのバイクでも比較的簡単に使用することが出来ます。また、従来のタンクバックを着けるのは困難だったガソリンタンクの小さいオフロードバイクやV-MAXなどにも程よい大きさで、使用範囲が広がりました。

容量は4リットル、サイズはフラップを畳んだ状態で縦27cm×横19cm×高さ12cmと小ぶりですが、工具セットや携帯空気入れなどは、ちゃんと入るように考慮されていてさすがです。うちのスーパーモタードにも使ってみましたが、ちょっとした買物にも使えて便利なので、今までタンクバックを敬遠していたオフロードバイクのライダーにも、林道ツーリング等のお供にぜひ使って頂きたいと思います。

一見普通のタンクバックに見えますが、どの辺が便利かと言いますと、まずライダーに愛用者が多い昭文社ツーリングマップルの地図が隠れることなく、透明の上部ポケットにすっぽり入り、信号待ちなどの短い時間でも道路の確認が容易に出来ます。また、付属のレインカバーも上部は透明になってますので雨の日に地図を出し入れしながら道を確認する、煩わしい作業から開放されます。

バックの手前にはコインポケットが有り、中には500円、100円、10円の3種類のホルダーと大型ポケットが装備されてます。グローブをしたままでも取り出し易い、設計になってます。

私がこういうのが欲しかったと頷いたのは、コインケース手前に設けられた透明のポケットです。高速券やハイウェイカード、千円札などをちょっと入れて置くのに良いです。今まで高速券の出し入れに時間が掛かっていたり、急いで突っ込んでしわくちゃになったりと、毎回冷や汗ものの料金所での支払いだったのですが、これでスマートに事が運ぶと思います。

スマートと言えばもう一つ、ベルトを付けると簡単にショルダーバックになるという利点も有ります。このショルダーになった時、上部からファスナーが開くようになっているため、タンクに着けてる時は奥の方からファスナーが開く使用になります。最初、それが不自然に感じたのですが、それはこういう理由からでした。カラーは3色でブラック、レッド、ネイビーが有り、私のバックはきれいなレッドに黒いパイピングが施されてます。

 蓋内側にも大型ポケットが有り、普段使わないレインカバーやショルダーベルトを収納して置くとすっきりします。

内側には型崩れ防止板が入っていて、おにぎりやお弁当など柔らかい食べものを入れた時にも潰れを防いでくれてありがたいです。500mlのペットボトル1個、おにぎり2〜3個入れてちょっと山に出かけるなんてのもなかなか良いかも!

早朝は空気が澄んで心地よい風が吹きます。日曜の朝は貴重な私だけの時間です。
濃厚な熱いコーヒーをゆっくり味わい、お土産のドーナツ数個をタンクバックに大切に詰めて「今日も熱くなりそうだな〜。午後からはプールに行こうかな?」と まだまだ強い日差しを全身に浴びながら、モタードで家路に向かう私でした。