2017年9月の記事一覧

原付に乗っているときはできるだけ車道の左によって運転しますが、
たまに大きなダンプカーが後ろについてくることがあります。
普通に運転していてもダンプカーの大きさはプレッシャーになるので、
できれば離れて運転したいところですが、前の車が詰まっていたり
追い抜けない場合などでダンプが後ろにビタ付けされたときの
恐怖感はハンパないです。

ダンプの運転手は目線が高くなりますから、原付の後ろについても
間隔があるのがわかるのですが、原付からすればめちゃめちゃ近くまで来て
煽られているような感じになり恐怖感を覚えるのです。

これは運転している時もそうですし、信号待ちをしている時でも
ダンプや大型車が後ろにビタ付けされると恐怖感を感じてしまいます。
できれば後ろに付かれたくないので、適当な信号で左折したりして
やり過ごしている原付乗りもいると思います。
原付に限らず、バイク全般で言えることかもしれません。
原付に乗っていて最も強く優越感を感じるのは、
大き目の国道などを走っている時に、渋滞をごぼう抜きにする時です。
高速を原付は走ることができませんが、渋滞は高速だけでなく
一般道でも発生しますので、原付であれば車の横をすいすいと
すり抜けることができるので渋滞など関係なし!

この時の爽快感や優越感はものすごいです。
人が渋滞にはまっているのに、自分は関係なしにどんどん抜いて行くわけです。
普段は、原付のほうが速度的には遅いので抜かれる立場ですが
渋滞時だけは立場が完全に逆転です。

わざわざ渋滞しているところを走っているわけではありませんが、
渋滞しているのを見つけるとごぼう抜きにしないわけにはいきません!
あの優越感を一度味わってしまうとやめられませんよ。

このページの上部へ

サイト内検索