2017年7月の記事一覧

信号で停止しているときに、車が幅寄せして通行できなくしてくるのは
ある程度理由があると推測できます。
左折をするために巻き込み事故を防ぐため、というものです。
これは教習所で指導される方法です。
バイクが左後ろから来ているとドライバーの視界に入らないこともあり
とても危険なので、そもそも横に入れないスペースを作るのは
安全対策の一つです。
どうしても前に出たいなら右側から前に出ましょう。

もう一つの理由が、追い越すのが嫌だからという点です。
原付バイクは車に比べてスピードが出せない乗り物です。
原付が左をすり抜けて前に行ったとしても
信号が変わったら原付を追い越さなければいけず
その際に事故に合う確率が高くなってしまいます。
特に運転技術に自信がない人の場合、追い越したくなから
幅寄せで邪魔をしておくという考え方になるようです。
車にとって原付は邪魔者でしかないことを覚えておきましょう。
原付で車と並走しているときに、わざと幅寄せする車いますよね。
追い越して行く時に、ものすごいギリギリを通っていく車とか。
とても危険だし、凄く怖いです。

原付が速度を守って走っているのだから
さっさと追い越していけばいいのに、わざわざ速度を下ろして
ギリギリまで幅寄せしての走行...一体何を考えているのでしょうか?

基本的にわざと幅寄せして走行してくる車は
嫌がらせの可能性が高いです。
どうしても車で走行していると横に原付がいるというのは
迷惑に感じてしまうからです。
とはいえ、危険な行為ですし、スピードを落として先に行くのを待って
こちらが賢く回避するしかありません。

無理にスピードを上げて前に出ようとすれば
相手もスピードを上げてくるだけなので危険が増してしまいます。

このページの上部へ