2017年5月の記事一覧

若者のバイク離れが叫ばれて久しいですね。
ただ、若者がバイクから離れてしまったわけではないのです。
そもそも現代の若者は元々バイクに近づいていません。

バイクが好きな若者が中年になり
今の若者が近づいてこない、つまり新規獲得数が減っているというのが
バイク業界の現状と言えるでしょう。

そして中年層も体力の衰えや子育てといったことから
バイクから離れる人口が増えており
新規獲得と中年層のバイク離れと言うことができるかもしれません。

ただバイクの排気量が多くなればなるほど販売台数が減っていないのです。
バイクを趣味として楽しむ層は一定しており
バイクを通勤・通学手段として選ぶ層が減っているのでしょう。
これには手軽で免許も不要な電動自転車の普及が関係しているのではないでしょうか?
Honda CBR250RRが2017年5月12日に発売になります。
新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを
搭載しており、「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで
初めて採用しています。

価格は驚きの80万円!
一番安いマットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリックでも
本体価格が70万円で税込みで75万円以上になり
一番高い CBR250RR<ABS> (ヴィクトリーレッド)では
税込みの値段が約83万円になります。

もちろん値段は非常に高いバイクになるのですが
それだけこだわりを持って作られたバイク好きのための車体といえますね。
車体もスタイリングも非常に素晴らしく、高品質な仕上がりです。
走行性、見た目、性能どれをとっても満足できる1台と言えるでしょう。

このページの上部へ