2017年3月の記事一覧

バイクを買いたいけど、予算の都合上で
どうしても新車を購入できないので中古車を買う。
ほしいバイクがすでに中古車でしか出回っていない。
色々な理由で中古車を買うと思いますが
きちんとチェックせずに購入すると、大損してしまうだけではなく
思わぬ事故につながってしまうこともあります。

まず、絶対避けたいのが事故車です。
自分でバイクの良し悪しが判断出来る人プロであれば別ですが
一般ユーザーの場合は事故車は絶対に避けるべきです。

・ハンドルストッパーに傷はないか?
 溶接跡や塗装跡はないか?
・ハンドルはねじれていないか?
・フレームはゆがんでいないか?
 目で見て手で触って、シワ、凹み、光沢の差、塗装のヒビなど
 購入前に納得行くまで徹底的にチェックしましょう。
・ハンドル、レバー、ペダル、サスペンションなど
 すべてきちんと動くか、異音はないか?
・オイル漏れはしていないか?

すべて細かくチェックしてから購入するようにしましょう。
バイクや原付きを7万円で売ったとします。
お店がそのバイクを14万円で売ったら、7万円を丸儲けしてる。
そんなふうに思っている方が多いようです。

でも、そうじゃないんですね。
実際、お店が得ている利益というのはもっと少ないのです。
まず書類の手続き、点検、修理、洗車など様々な手入れをしてから
お店はそのバイクを再販することになるんです。
当然、諸手続きに必要は費用や、人件費(工賃・手間賃)が発生します。

また再販するときについている「メーカー補償付き認定中古車」というのは
ショップ側がメーカーに保証料を支払っているからなんです。
つまり7万円で買い取ったバイクを14万円で売っても
お店の利益としてはほんの少しだけ。

この原付きは他のお店では14万で売ってたんだから
14万円で買い取ってよ!というのは無理な話なんですね。

このページの上部へ

サイト内検索