2016年8月の記事一覧

バイクの燃費を良くする走り方は何よりもエンジンの回転数を
上げ過ぎないことです。
スピードを出すことが燃費を悪くするのではなく、
急ブレーキ、急発進を繰り返すと燃費はどんどん悪くなります。

一定のエンジン回転数で速度を維持するか、もしくはブレーキの回数を
減らすような走り方をしてみてください。
エンジンブレーキを利用することでアクセルを使い過ぎずに、
走行することが出来ます。

車の場合はアイドリングストップで燃費改善もできることがありますが、
バイクの場合はアイドリングストップするとエンジンを掛け直すことで
燃費が悪くなることがありますので避けた方が良いでしょう。
他にはタイヤの空気圧をこまめにチェックし維持したり、
燃料を満タンにしないなどの方法があります。
バイクのタイヤは空気圧が下がってしまうと燃費が悪くなります。
これは車も同じですが、空気圧が下がることで路面との摩擦が強くなり
スピードを出す際に回転数を上げないと進みにくくなるからです。

体感できるほどの差があるわけではないですが、長い目で見ると
空気圧が下がっているバイクでは燃費が悪くなるのは統計的にわかっています。

バイクの空気圧はガソリンスタンドなどで給油する際に、
簡単に計ることが出来ますのでちょっと下がっているかな?と思ったら、
スタンドの関係者に言えばすぐに空気圧を上げてくれます。
殆どのスタンドで無料で行ってくれますので、遠慮せずに言いましょう。
バイクに乗る頻度にもよりますが、数か月に1度はチェックした方が良いでしょう。

このページの上部へ