2015年9月の記事一覧

スクーター用レインコートは雨の日のスクーターには欠かせません。
購入するときには以下の点に注意してください。

・セパレートタイプがおすすめ
 (ロングコートタイプは足元が濡れます)
・首元までしっかりチャックできるもの
・防水性が高いもの&防水スプレー必須
・手の甲までサポートされてるタイプが〇
・足は跳ね返りなどでぬれるので、ロングタイプの防水靴を用意
・フードをかぶってヘルメットをかぶると髪の毛がぐしゃぐしゃになるので
 短髪の男性でもないかぎり不要
・ポンチョタイプは風で広がって危険がある

スクーター用レインコートを選ぶときには機能面で選ぶのは重要です。
雨の日の走行はただでさえ視界が悪くなり、路面状況も悪くなります。
事故を減らすためにも、動きやすく機能性重視で選びましょう。
スクーターでもウィリーすることは可能です。
ただし、練習が必要になることと根気がいります。
あと、公道でウィリーをすると、危険運転とみなされて
違反切符を切られることもありますし
他の車両と接触したりして事故になることもありますから
公道では絶対にやらないようにしてください。

では手順です。
1、ギアは1速のまま
2、回転数を押さえながらゆっくり走りだす
3、クラッチを切ります
4、アクセルを全開にします
5、クラッチを一気につなぎます
6、クラッチをつなぐタイミングでシート後部に体重を移動させます

これによって前輪が浮き、後輪だけで進む状態になります。
あとは角度を調節しながら状態を維持して進みます。
角度が上がりすぎそうになったら、アクセル戻す、リアブレーキ踏む、重心を前に戻す
角度が下がっちゃいそうなら、アクセル開ける、重心を後ろにずらす
これを微妙な感覚で行うことでウィリーしたままになります。
どちらにしても1度や2度では難しいテクニックですから、練習あるのみですが
怪我に繋がる可能性があることを知ったうえで行いましょう。

このページの上部へ