オバチャンが乗ってる原付は色んな意味で危険がいっぱいです。
まず道路の真ん中を堂々と走っているオバチャン原付、
後ろから車に乗っているとフラフラと走っているように見えて
ぶつかるんじゃないかと不安になります。

そもそも原付は道路の真ん中を走るものではありません。
できるだけ左側に寄って走行するのが正しい乗り方です。
理由は車と原付では法定制限速度に違いがあり車の方が、
制限速度は高くなるからです。

しかも後ろからみているとフラフラと安定しない走り方を
しているのを見ると本当に危なっかしいですよね。
本人は何食わぬ顔して原付を運転していますけど、周りから見れば
もう少しちゃんと運転して欲しいと思ってしまいます。


そんなオバチャンの原付はサイドミラーが信じられない方向を向いている

オバチャンの運転する原付をよく見ると、信じられないことはまだまだあります。
例えば、サイドミラーがあらぬ方向を向いていて全く機能していないことです。
原付に乗っていると後ろを頻繁に確認するのですが、あらぬ方向を向いている
ということは後ろを確認せずに運転していることになります。

正直、後ろを確認せずに運転するなど自殺行為に近いことです。
自転車のような運転の仕方が通用するわけはありません。
普通に車と並走しますから、サイドミラーで後ろが確認できないと
すぐそばまで車が来ていることに気が付かないこともあるでしょう。

最近では電気自動車やハイブリッド車が増えていますから、
エンジン音の静かな車もあります。
そうなると車が来ていることに気が付かずに道路の左端から真ん中に
移動してきたら車と接触することも考えられるのです。
サイドミラーが変な方向を向いている原付からは、速攻で離れるのが吉です。