原付に乗っているときはできるだけ車道の左によって運転しますが、
たまに大きなダンプカーが後ろについてくることがあります。
普通に運転していてもダンプカーの大きさはプレッシャーになるので、
できれば離れて運転したいところですが、前の車が詰まっていたり
追い抜けない場合などでダンプが後ろにビタ付けされたときの
恐怖感はハンパないです。

ダンプの運転手は目線が高くなりますから、原付の後ろについても
間隔があるのがわかるのですが、原付からすればめちゃめちゃ近くまで来て
煽られているような感じになり恐怖感を覚えるのです。

これは運転している時もそうですし、信号待ちをしている時でも
ダンプや大型車が後ろにビタ付けされると恐怖感を感じてしまいます。
できれば後ろに付かれたくないので、適当な信号で左折したりして
やり過ごしている原付乗りもいると思います。
原付に限らず、バイク全般で言えることかもしれません。