プラグは燃料を爆発させるために点火する役割がありますが、
キャブレターの性能や操作方法次第でガソリンを多く流し込んでしまうことがあり、
そのせいでプラグに燃焼していないガソリンが付着すると、
濡れているのと同じ状態になるので点火することができなくなります。

これをプラグがかぶると言います。
プラグが被ると走行中でもエンストしますし、次にエンジンをかける時に
中々かからない等の問題に発展します。
走行中であれば、すぐにエンジンを掛け直すことができますが
アイドリング状態では完全にエンストしてしまい始動に時間が掛かるのです。

最近のバイクは電子制御されているものが多いので、そのような問題は
滅多に起こることはありませんが、可能性はゼロではありません。